よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

イエローカード(黄熱病予防接種)を貰ってきた【もはや完全に資格じゃない】

 

さて、先日イエローカード貰ってきたよ。何かファールして審判から警告を受けたわけじゃないよw ハイ、つまんないっすね、すんません。

 

これは海外旅行好きなかたには有名なやつだよね。

アフリカとか南米・東南アジアの一部は、とある予防接種受けないと入国させないぞーっていう決まりがあったりするので、そのための証明書が必要なわけ。

それがイエローカード

ってことで、正体は黄熱病の予防接種受けましたよーっていう国際証明書。

 

正確な渡航予定が決まってるかって言われたら、否なんですけどね。

ま、こんな状態の日本をいつでも脱出してどこに移り住んでもいいように、受けといて損はないかなと思って申し込んでみたよ。

 

私にとっては、とりあえず色々な不可抗力でいま暫定的に日本に住んでるだけで、別にここにとどまる理由が無かったら、ほんとは海外で生活したいんだよ。

昔仕事でクーデター真っ只中のタイに行ってたときは楽しかったな~(遠い目

 

さてさて、当然証明書を貰うためには予防接種を受けなきゃいけないわけで、事前予約が必須。

長期休暇とか連休シーズンはかなり混みあうみたいだけど、時期によっては普通に予約取れるんじゃないかな。

注射の後は無理せずに

注射って別に苦手ではないですけど、予防接種ってやっぱりちょっと嫌だよね。

副反応といわれる初期風邪みたいな症状が出たりするので。。昔インフルエンザのワクチン打ったときも2、3日ダルかった思ひ出があるわ。

 

私の住んでるところから一番近くで黄熱病の予防接種受けられるのは、ちょっと遠い検疫所だけだったんで、電車に揺られて片道1時間ちょいのお出かけ。

遠出するのは久しかったりするわけだけど、どうせならレジャーで来てみたかったorz

 

ちなみにこの注射による免疫は、10日後から有効で、その後なんと10年間も残り続けると言われてる。すごい!ありがとう野口英世先生!w(←実際ワクチン作ったのは別のおかた)

幼少の頃、初めて読んだ伝記は野口英世の本で、一時期本気で医学の道を志そうと思ってたよ。(ただし実際は相当クセが強いかただったそうでw)

 

ってことでどう考えても完全に資格じゃないけど、何となく国家資格としてカテゴライズ。

※申込時と問診時にどこに何しに行くの?って色々詳しく聞かれます。本当に必要な人を優先するためだね。なので私みたいに興味本位で受けに行くのはやめましょう(←

 

◎まとめ

【勉強期間】予定にあわせて

【教材】申請書と問診表を書く

【受験料】1万円くらい

【合格基準】体調は万全に。アレルギー持ちはだめ。