よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

VBAをかじった人ならVBAエキスパートが受けられる【マイクロソフト系の資格】

当時は事務系の資格はMOSなりP検なり日商なりを連続で受けたので、他にはさすがにCBT受験できるものはなさそうだなー、と思っていたところに、またもやプロメ会場でチラシ発見。

 

VBA。。当時でも名前は聞いたことあったし、実際で若干使っていたこともある。

ただし、ググる→コピペを繰り返してソースを完成させた程度の知識量しかなかったんだよね。

プログラミングアレルギー

もともとMS-DOSから触り始めたので、コマンドライン的なモノには何ら抵抗は無かったんだけどね。やっぱりGUIに慣れきってしまうとプログラマーでもない私にとっては敬遠していた資格。

 

でもエクセル&アクセス使いを名乗るなら、VBAの基本くらい知っていないとなーと思って、とりあえず両方ベーシックに申し込み。

 

ベーシックと言うだけあって、試験内容的には本当に概略&ルールと、正しいコードや間違ったコードを選んでいくだけという選択式。スタンダード以上はキーボード入力もあるので、別途要対策。

 

まぁ問われている知識自体は簡単っちゃ簡単なんだけど、英数字の羅列を見ただけで悪寒がって人には向かないかな。きっと習得までも時間かかるかと。

一応MOSレベルが前提

あとはこの資格自体がMOSレベルにアプリを使えることを前提に書かれている部分もあったりするので、まったくの初心者のかたはMOSから取得しておくのも有。

 

それなりにぐだぐだと時間を費やしてしまったけど、エクセルは難なく取得。

対してアクセスの方はベーシックと言えども若干難しいかな。アクセスってそもそも何?って人は短期合格はかなり厳しい印象。

 

これらの資格を取得して果たしてVBAが組めるようになるか?うん、絶対ならないw

だけど、ソースを見てなんとなくここはこういう意味かな?っていう理解(予想)が出来たり、ほんの数行のマクロくらいは組めるようにはなるかと。

 

本当の意味で使いこなしたいなら、スタンダード以上の勉強をして、公式以外のテキストで知識を身に付けたほうがいいね。

 

◎まとめ

【勉強期間】適正次第。最低1~2週間は見たほうが。

【教材】公式テキストで知識貯め&模擬問題を

【受験料】1万2千円

【合格基準】試験による。おおむね7割