よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

【銀聯】Trip.comグローバルカードが届くまでの日数と審査基準

国際ブランドは中国の銀聯(ぎんれん、ユニオンペイ)。国内でもコンビニや家電量販店、イオン・ヨーカドー・ドンキ、Amazonで利用可能。

 

2018年6月から三井住友と提携してグローバルカードとして発行が開始されたね。

今回はA8のセルフバックにて報酬アップキャンペーンになっていたので申し込み。

f:id:yotsumao:20181202203924j:plain

Trip.comといえば中国のオンライン旅行会社Ctripのグローバルブランド名。

主力の旅行サイトは、いわゆるカラ予約やカラ販売疑惑でちょいと悪い口コミもあったりするんだけどねw まぁ国内で発行無料(期間限定)のUnion Payは珍しいので大目に見ようw

 

Trip.comグローバルカードが届くまでの日数

・2018/11/20 0:34 まずはTrip.comへの会員登録が必要。メールアドレスとパスワード入力して登録すると、「Trip.comアカウントの認証コードです」のメールが届く。

---このメール内の認証コードを入力して、新規登録が完了する。

 

・2018/11/20 0:46 カード申し込みは三井住友ページに遷移。申し込み後すぐに「「Trip.comグローバルカード」オンライン入会お手続き完了のお知らせ」のメールが届く。

 

・2018/11/20 0:47 最短3営業日のスピード発行のためにオンラインで口座振替を設定。「【三井住友カード】口座振替の設定完了のお知らせ」のメールが届く。

 

・2018/11/20 10:12 「【Trip.Comグローバルカード】ご入会審査結果のお知らせ」のメールが届く。

----これで審査は可決。1週間以内に簡易書留にてカード郵送とのこと。

 

・2018/11/23 11:13 「インターネットサービス「Vpass」ご登録方法についてのご案内」のメールが届く。

----三井住友カードユーザーにはおなじみ。

 

・2018/11/23 12:11 「「カードご利用代金WEB明細書サービス」お手続き完了のお知らせ」のメールが届く。

----微妙な時間差攻撃。

 

・2018/11/23 17:05 「<三井住友カード>【重要なお知らせ】カード発送のお知らせ」のメールが届く。

----追跡番号が載っている。

 

・2018/11/25 09:46 簡易書留郵便にてカード受け取り。

---同封書類を確認したところ、郵便引き受け日は2018/11/23 02:52であった。

 

結論。申し込みから約5日間で届く。金土日の祝日含む3連休を控える中でかなりのスピード発行。審査期間も実質わずか数時間以内。

 

Trip.comグローバルカードの審査基準は?

エブリプラス、ドコモのdカードと三井住友系列の既存ホルダーだが、審査および発行のスピードを考えても、温情発行というわけではなさそう。

----とはいえ、他の三井住友カードよりは若干少ないショッピング枠だった。(共通枠だけどね)

----ちなみにこのカードには初めからキャッシング枠の設定がない。リボや分割払いも出来ない。

 

ただし銀聯という国際ブランド自体を所持するのは初なので、審査基準は正直なところ謎。。

 

とはいえ発行対象としてはいわゆる「満18歳以上の方」(高校生除く)なので、皆があこがれる三井住友ブランドの中ではかなーりハードルは緩い方だと思う。

審査通過のポイントとしては、通例通り、入会キャンペーン等の新規顧客獲得期間に申し込んだ方がいいね。

 

特に今は、新規入会時に必要な2000円+税が不要になっている。(2019年3月31日申込分まで)。このことからもカード入会に積極的な姿勢が見受けられるので、審査が甘いのではないかと。

 ----ちなみに更新時(原則5年)には1000円+税の手数料が必要。

 

まぁ三井住友としてはせっかくCtripと提携したわけだし、これを普及させたいんだろうなーと。

還元率は微妙な1000円で1ワールドプレゼントポイント。やはり魅力となってくるのは、Trip.comとの連携で優待や割引サービスに期待する感じかなぁ。

 

ユニオンペイとはいえ使える加盟店も多くなってきたし、Vpassのおまとめログインサービスも設定すれば便利に利用できて、ほとんど既存の三井住友系カードと使い勝手は変わらないと思うよ。

 

それではよい銀聯カードライフを!