よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

初級システムアドミニストレータというもはや過去の遺物【今でもわりと好き】

 

MOS 2003 Masterになってやや調子に乗ってしまった当時の私は、無謀にも初級システムアドミニストレータを受験することに。

※私が受けたときはまだITパスポートいわゆるアイパス改定前。

 

いや、勉強する前から多少の知識はあったんだよ。あとは単にそんな資格があると耳にしたからという単純な理由。でも今考えるとあまりにも無茶すぎだったけどね。

一夜漬けマンセー

いつの頃からか、計画立てて勉強しようとしても最終的に短期集中型になってしまう傾向があって、当時も試験一日前に思い出したように一夜漬けを始めたわけよ。

 

結果受かったは受かったんだけどね。言うのも恥ずかしいくらいのギリギリボーダーの点数で。。

ほぼ答えを予想して運に任せて回答するっていう作戦(?)で、受かったほうが不思議ってやつ。

ITパスポートは万人向けになったね

難易度的には優しくなったよね。でも初級シスアドとか上級シスアドって響きが好きだったのに、ちょっと残念。

当時は正答率が低い問題ほど配点が高くなるっていう、IPAマジックのドキドキ感も忘れられない。

 

現行の問題を見るに、普段からリテラシのあるかたなら一夜漬けでも十分いけるよね。

美容師上がりの私なんかでも取れるレベルなわけで。当時使った参考書はなんだったかな、確か某猫本一冊だったかと。

 

CBT化によってすそ野は広がったけど、正直微妙。個人的にはCBTという試験スタイル自体は大好きだけど、仮にも国家資格が難易度低下させてどうすんねんと。

 

もはやただのエントリー資格と化しまって、それと同列扱いの旧シスアドの威厳はどこに。。

ちなみに情報処理試験は、春夏秋冬の年4回とか開催回数を増やしてほしいなぁと個人的に思ったり。

 

◎まとめ

【勉強期間】1日でも。自身のリテラシ次第。

【教材】猫本さんでよいと思う。

【受験料】5000円くらい

【合格基準】6割。後継はITパス。