GitHub Actions用にmixhostでパスフレーズなしのSSHキー作成

普通にcPanelのGUI上で設定しようとすると、パスフレーズありの秘密鍵しか作れないので、メモ。

まずmixhostでの通常の作成方法は、セキュリティ→SSHアクセス→SSH キーの管理から作っていく。

 

この際は必ずキーのパスワードを入力しないといけなくて、ブランクにして進もうとすると生成できない。

 

これで作ったSSHキーだと、肝心のGitHub Actionsで使おうとしたときに途中で処理が止まって失敗してしまう。

 

当ブログではHugoを使用しているが、自動ビルド&デプロイするにあたっては、パスフレーズなしで作りたい。そこで。

 

cPanelトップから、詳細→terminal。まずはカレントディレクトリをsshへ。

cd ~/.ssh

移動したら、SSHキーを作る。

ssh-keygen -t rsa -b 4096

※ユーザ名とホスト名を含めないようにするときは、 -C "" を追記。

 

すると、鍵の保存場所を聞かれるので、そのままでよければエンター。

そしてパスフレーズ。ここはブランクで、確認と併せてエンターを2回。

 

で、ここから公開鍵を有効化していく。せっかくなのでcPanelで。慣れている人はそのままterminal。

 

普通に作る時と同様にセキュリティ→SSHアクセス→SSH キーの管理へ。

ここで認証ステータスがnot authorizedになっている鍵の管理を押下。次の画面で有効化するためにAuthorizedボタンをポチっとすれば終了。

※なお、無効化する時は同様に、今度はDeauthorizedボタンを押せばいい。

 

ここで出来たキーをGitHub Actionsで使いたいrepository内のSettings→Secrets→Actionsに登録して、あとはよしなに。

 

ただしrsyncを使う場合は、なぜかmixhostで同期遅い問題が発生するのよねー。当環境だけかもしれないが。

 

***
comments powered by Disqus