最速決定戦!ConoHa Xserver mixhost【サーバー速度比較】

ブログを展開するホストとして、老舗から新興までなんだかんだ3大レンタルサーバ的な地位を確立している3社。

それぞれが高速化技術を活用していて、安定性のみならず速度も売りにしているし、ネット上での評判も上々だが、実際のところはどうなのか。

今回の実験は、静的サイトジェネレーターのHugoでビルドしたWebサイトで比較した。

まぁ実際ワードプレスなどのPHPプログラムによる動的ページじゃないと真の価値が測れない気がするが、静的ページこそこれからの至高だと思うので。

 

速度等のスコアを表示するために使ったのは、Google謹製の以下ツール。

・A:PageSpeed Insights

https://pagespeed.web.dev/

・B:Test My Site (Think with Google)

https://www.thinkwithgoogle.com/feature/testmysite/

・C:LightHouse (Chrome拡張機能)

https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk

 

使用テーマはclarity。なお当然だがどれも同じ内容のサイトをそれぞれにデプロイ。

アクセス時間は平日昼間。各サーバの設定はデフォルトとした。ではその結果。

 

 

ConoHa WING (コノハウィング)

A:パフォーマンス99、スピードインデックス1.4秒

 

B:ページ速度2.5秒

 

C:スコア100、スピード1.1秒

 

なぜかTest My Siteの結果がふるわない。それ以外は良好。

 

Xserver (エックスサーバー)

A:パフォーマンス99、スピードインデックス1.7秒

 

B:ページ速度2.1秒

 

C:スコア100、スピード1.4秒

 

やはりTest My Siteは別基準な様子。それ以外はconoha wingと同等。

 

mixhost (ミックスホスト)

A:パフォーマンス100、スピードインデックス1.1秒

 

B:ページ速度2.3秒

 

C:スコア99、スピード1.4秒

 

少なくともPageSpeed Insightsは最速。ただしLightHouseではなぜかスコアが落ちる。

 

参考:はてなブログ

内容は同じものの、テーマ諸々は全く違うので単純比較には適さないが参考に。

それなりにシンプルで軽量なBrooklynを、バリバリにjquery等でカスタマイズした状態のブログ。

 

 

スコア低すぎわろりーぬ。もはや他のテストをする意味はないだろう。

 

まとめ

全体として、HeadlessChromeが使用されているツールAおよびCと、4Gモバイル環境をエミュレートしてるっぽいツールBでは差が出る形に。

 

だが純粋に速度だけで各平均を取ると、

1位 mixhost

2位 ConoHa WING

3位 Xserver

という結果。ただし、体感的には全然変わらない、というか違いが分からない。

 

ちなみに話だが、3000行超えのhtaccessファイルをconoha wingに配置したところ、スピードインデックスは5秒強になった。

とはいえ実際にアクセスしてみると、最初の読み込みにやや引っかかりがあるだけで、本当に5秒はかからずそれほど気にはならない。

 

というわけで3社のどれがいいかは完全に誤差のレベルだと思うが、個人的には管理画面はシンプルなエックスサーバーが好み。

conoha wingのUIはモダンでコノハちゃんモードもあるが全体的に動作が重く、mixhostのcPanelはわりと直感的ではあるがどうしてもクセがある。

 

また、GitHub Actionsで自動ビルド&デプロイしている関係上、Hugo環境の当ブログはrsyncが必須なわけだが、mixhostでは無駄に時間がかかるという謎現象発生。

※せいぜい通常では2分以内に終わるものが、なぜか20分というロングタイム。とにかく謎。

 

ということで、現状では安定的なエックスサーバーを選択。

それにしても、はてなブログよ。長年愛用しているけれど、さすがにどうにかならんか。

 

 

***
comments powered by Disqus