よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

 

川柳9篇――買い物中における気づき、買い物ならではの体験を言葉にする

~~~~~
Self Review

2018年12月期コンペ分。

 

最近は気軽な自由律俳句的なモノにわりと関心があるが、川柳という形態としては一年ぶり。

 

そもそもまったく俳句には馴染みがないどころか、むしろあまり好きじゃないわけだが、やはりテーマだけが決まっている川柳というのは自由度が高くて面白い。

 

まぁその反面、当然難しさもあって、例えば俳句が季語を取り入れつつ言葉の美しさを競うものだとしたら、

テーマ川柳はいかにその情景をリアルに17文字に投影させることができるか、という感覚だと思う。

 

その点でいえば、それこそ第一印象やインパクトが結構重要になるんだろうなぁといった感じ。

自分なりには9篇ともにわりと気に入っているわけだが、テーマ的にはさらにもうひとひねりの工夫がほしいところ。
~~~~~

 

・主婦集う 二割引きより 五割引き (しゅふつどう にわりびきより ごわりびき)

 

・半額を 待つ人避けて 買い終わる (はんがくを まつひとよけて かいおわる)

 

・夕方の 卵に並ぶ 大家族 (ゆうがたの たまごにならぶ だいかぞく)

 

・セルフレジ ボタン分からず 袋無し (せるふれじ ぼたんわからず ふくろなし)

 

・LINE来て 買う物増えて 列抜ける (らいんきて かうものふえて れつぬける)

 

・ビールかな 広告品は 発泡酒 (びーるかな こうこくひんは はっぽうしゅ)

 

・試食品 匂いに負けて 無駄遣い (ししょくひん においにまけて むだづかい)

 

・朝晩と 無料水汲み ダイエット (あさばんと むりょうみずくみ だいえっと)

 

・家族には 先に食べさせ 我セール (かぞくには さきにたべさせ われせーる)