よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

【趣味から実用まで】危険物取扱者になって業務の幅が広がった感を出してみる

 

さりげなくIPAのFE勉強よりも虎視眈々と狙っていた資格。それは、危険物取扱者の乙種第四類ってことで、もはや簡単で有名な国家資格。

 

とはいっても、学生の頃まったく理系でなかった人だとつらい分野もあるけどね。無勉強無対策ってのはさすがに経験者以外はきついかも。

実際本番ではダメそうだった人も多かったし。合計得点以外に分野ごとも合格ライン達成が必須。

出来ることの幅が広がりんぐ

そもそもなぜこれを取ろうと思ったかと言えば、単にできることの幅が広がりそうだから。

 

この資格の主な利用用途としては、セルフ増加に伴ってガソリンスタンドなんかが有名だけどね。

それ以外にもホームセンターとか医療機関、果ては自家発電機があるようなデータセンタやIT関連企業でもまぁ需要が無いことも無い。とはいえ今どきは大概UPSまでのフォールトトレラントだと思うけど。

 

個人的にはもはやカーボンエネルギー自体が終わったコンテンツだと思ってるんだけど、市場的には価値は落ちたとはいえ、まだまだ独占性は強いからね。

っていうか対策本がいけてない

内容的に決して苦手な分野じゃないんだけどね、なぜ巷のテキストはあんなふうにややこしく書くんだろう?むしろ私程度がテキスト編集してももっと平易に書ける気がw

 

言っていることは意味は分かるし、全然難しくない。なのにどのテキストも非常に分かりにくい(雰囲気を醸し出している)。せっかく有名な資格なのだから、もう少し対策本も精査されてほしいものだなーと。

 

某オーム社の本が有名で、確かにあれ一択と言えるほど一冊でいけるんだけどね。

うーん、少なくともIT分野の資格参考書だとしたら、もっと違うベクトルで分かりやすい書き方をするんじゃないかなと思ったり。

 

ま、なにはともあれ受かればいいのよ受かれば。試験当日は試験自体より、その後の免状申請手続きの方が疲れた。。

 

ちなみに取った後に改めて思うけど、危険物業界の大部分の人だったり、私のような部外者には乙4以外はほぼ不要。運転免許みたいにフルビット目指したいかたは止めないけどね。

 

◎まとめ

【勉強期間】暗記力次第

【教材】オーム社さんが有名

【受験料】4千円くらい。別途免状

【合格基準】分野ごと6割