よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

未来の月面旅行を見越して月の土地オーナーになってみる【ざっと1エーカー】

もはや資格じゃねーだろってレベル。いや、でもさ、昔かっぱ捕獲許可証取ってみたり、シーランドの爵位を頂いてみたりしたわけだし、これもロマンのひとつですよ。

 

月の土地のオーナーになれる!ってこれが出だした当時、かなり物議を醸し出したりしたけどね、いわゆる詐欺じゃね?みたいな。

まぁ一種のジョークグッズっていうか、夢を買うんだって分かってる人が購入対象者なわけで、それほど大きな問題にはならなかったけど。

購入自体はすごく簡単

一応この権利書を手に入れるためには、本家米国の会社の日本法人でお金を払って購入するんだけど、

1エーカーという広大な広さの土地がなんと、3千円ほど!しかも維持管理費用も一切要らない永年権利!うーん、うさんくさいにおいがプンプンするぜぃw

 

一時期は好評を博したのか、月以外にも火星やら金星やらの土地も売ったりしてたね。

人類がそれらの惑星にへ行って定住するなんて夢のまた夢だけど、いつか実現したらこの権利ってほんとに主張できるんだろうか?ま、そのころには私は骨になっているだろうけど。。

 

ちなみに人間が住むんだったら、環境適応を考えて、月よりは火星の方がいいんじゃね?って主張が最近は主流だったりして。

日本独自のプラカード付き

万々万が一の宇宙旅行の可能性を考えて、どの星の権利を買おうかなーって思ってたんだけど、日本限定仕様で月の土地を購入した場合、オーナーカードなるプラスチックカードが付く種類があるってことで、迷わず月にけてーい。

 

他にもなんかオリジナルの額縁フレームとかが付いてきたりするセットもだけど、価格も価格だしさすがにそこまではねぇ……それにしてもいい商売。

私も矮小惑星に格付けされちゃった冥王星とかの権利を勝手に売ってみようかなw

 

これの利用用途って、ロマンを買うってのはもちろん、権利発生日を自分で選べるので、それこそカップルや夫婦の記念日とか、子供の誕生日とかに設定すれば、それはそれでいいプレゼントにはなるわな。

 

わりとしっかりとした権利書等々の書類が届くので、気分的にはだいぶ満足できるかと。シャレがわかる人はぜひどうぞ。

そんなドブに金捨てるようなことするくらいなら、いい店でうまいもんでも食うわ!って人はそれもよし。個人の価値観次第だよね。

 

◎まとめ

【勉強期間】いますぐにでも

【教材】夢のつまった頭

【受験料】3千円弱から

【合格基準】お金次第ですぜ、だんな。