よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

人生の師へのメッセージ――短文詩2篇

~~~~~
Self Review

2018年第10月期コンペ分。

 

詩、というよりは箇条書きに近いほんの一言の手紙形式だ。

文字数制限としては40文字。短い、途方もなく短い。そしてそれは短歌でもなく、俳句でもない。

 

その文字の中にいかに詰め込めるか、または無駄なものを排除しつつ、どのように情景を想像させるか。

もっともファーストインプレッションが左右されるものになるだろう。

 

テーマとしては、自分の人生における師匠や先生などに宛てたメッセージ。とはいえ決して感謝の思いに限ったものではない。

 

ただ私の中では、書くとすれば間違いなくあの人だろう、という思いはずっとあった。

そしてそれは時にエッセイなどという形で文章にしたこともある。

 

この中に出てくる「惰性」という単語は私の人生において、ひとつの重要なキーワードとなっているものだ。

その気持ちを、短い文の中に必要十分形として表現することができたように思う。

~~~~~

 

人生には惰性も必要なんだよ。その言葉があったからこそ、私はあの時卒業できました。

 

人生には惰性も必要なんだよ。毎日に心が疲れたとき、ふと先生のその言葉が甦ります。