高速レンタルサーバーJETBOYにSSH接続してみる【SSH対応方法】

Litespeedを採用していて安い!早い!うまい!のレンタルサーバ、ジェットボーイ。

大手サーバに比べるとやはり情報量が少なすぎるので、今回はSSH接続についてメモ。

 

まずそもそもsshに対応しているのかって話だが。

よくある質問を見てみると、

サーバーへのSSH接続は可能ですか?
申し訳ございません。現在SSHでのサーバー接続はご提供しておりません。
今後のご提供予定となります。

http://support.jetboy.jp/archives/faq

ってことで現状は未対応のように読める。

 

でもでも、サーバの基本仕様のページを見てみると、

SSH接続をご希望のお客様にポート解放にてご提供しますので、必要なお客様はお申込み後弊社サポート(info@jetboy.jp)までご連絡ください。

https://www.jetboy.jp/functions/

ってことで問い合わせれば個別に対応できそう。

 

てなわけで早速ダッシュボードにログインしてssh接続希望の旨を問い合わせてみる。

jetboyでは問い合わせがチケット制で管理されてるのが便利。

 

翌日、サポートから返信が。

SSH接続にあたり、IPアドレスを許可いたしますので、
お手数ではございますが、接続元IPアドレスをお知らせいただけますでしょうか。

IPアドレス確認
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

あら、IP制限なのね。っていうかVPSとか固定IPの契約持ってないので、しかたなく自分のプロバイダのグローバルIPを返信。

一時的な動作確認程度なら、ルータの電源落とさなきゃまずIP変わらないしね。

 

そして数時間後、IP許可したとの返信が。

なので早速テストブログアップのために、rsyncしてみる。

 

なお、いつもはGitHub Actionsからやってるが、当然ActionsのIP許可をしていないので弾かれる。さらに、ワークフローの都度IPが違うので、指定して許可することも出来ない。

 

そこで当windows環境では、WSLのUbuntuからコマンドを打つ。

ちなみにこのとき入力するパスワードは、

サーバーパネル→サーバー情報に載っているこの初期FTPパスワード。

(最初はjetboy自体へのログインに使ってるパスワードかと勘違いしていて、サポートから説明が特になかったから何度かログイン失敗したよw)

 

さて無事パスワードが通った、すると、、

bash: rsync: command not found

あら?嫌な予感がする。。

 

今度はsshでサーバにログインしてみる。ログイン自体はおk。

そして、rsync --version

-bash: rsync: command not found

まさか、、which -a rsync

/usr/bin/which: no rsync in~~

これは、、rsyncが許可されていない状態か、、、

 

というわけでSSH接続できても、rsyncが出来んかった。

rsyncはローカルとリモートどっちにもないとダメなのよね。

 

そこでおとなしくWinSCP使ってHugoブログをアップ。1000記事超えでだいたい10分強。mixhostの謎の20分rsyncに比べれば早いw

 

せっかくなので、ここでブログのスピードテストでも。祝日昼間に実験。

 

まずはPageSpeed Insighs

スピードインデックス1.6秒、パフォーマンススコア98。

 

続いて、Think with Google Test My Site

ページ速度1.7秒。

 

最後にChrome LightHouse

パフォーマンス100点、スピードインデックス1.3秒。

 

ということで、以前Conoha Wing、エックスサーバー、mixhostでテストした結果より全般的に早いことに。

www.yotsumao.org

 

でもこれたぶん契約プランにかなり左右されそう。ちなみに今はスタンダードSSDプラン。

せめてsshが公式対応されて、rsyncも許可されたら本格的に乗り換えるのもありかもなぁ。

 

***
comments powered by Disqus