よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

ヒール部分がコツコツ音がする靴を履いている人に限って歩くの遅い説

四方山話シリーズ。

 

私が日常よくある光景の中で、どうも耳について気になってしまう音がある。

それは靴の「コツコツ」音だ。これは男性にしろ女性にしろ、どちらも。

 

なんなんだろうね、最近の流行り?

昔ってそれこそ、そういう音が鳴らないようにラバーとかがヒールやソールに貼られていたように思うけど。

 

タップダンスじゃあるまいし

確かに映画とかドラマの中で、そういった靴の足音がアクセントになっているシーンとかあるよ。

 

でもそれって基本創作の中だから、っていうかプロの俳優がやるから様になるのであって、日常歩くたびにコツコツ鳴らされても不協和音でしかないんだが。

 

それこそ階段の下りとかだとひどいもんですよ。コツーン、コツーンて。

当人の歩き方の問題もあるのかなぁ。てか、え、私だけ?気になるの?

 

そういう人に限って歩きも遅い

これは完全に主観的な話になるけど、どうもコツコツ音がする靴を履いている人って歩くのも遅い気がするんだよね。

 

なに?合わない靴でも履いてるの?っていう。

極端に言えばさ、「コツコツコツコツ」って颯爽と歩いて行ってくれればいいわけよ。さっさと音が過ぎ去るわけだからさ。

 

でもとりあえず歩行スピードが遅い。むしろ自分の靴音を響かせて悦に入っているのかってレベル。

 

世の靴メーカーさん、靴音問題、もっと何とかしません?

てかたぶんあんな硬質な音響かせる素材のヒールやソールだと、雨とか雪ですぐ滑ること間違いなしだよ。