ふと時計を見たときに秒針が止まって見える現象に名前を付けたい

"漆黒の刃が奏でる刻(トキ)の音を超越せんとする者"――The End of One Second.

、、的な二つ名があってもいいと思う、あの現象。いわゆるクロノスタシスの件。

 

たぶんアナログ時計を見た時、誰もが一度は経験していると思うんだ。デジタルでも時々遭遇する。

 

f:id:yotsumao:20220304235108j:plain

 

一瞬、時が止まってザ・ワールドのスタンド攻撃を受けたのかと勘違いするけれど、そもそも止まったと認識できている時点で違う気がするし、むしろ自らも止まった時の世界へ入門したのかと思わせる。

 

でもあれって、秒針がどういう動きをしているかによってかなり左右される。

いわゆるスウィープ運針なのかステップ運針なのかというところ。

 

感覚的にはカチカチと針が進む方が、よりThe End of One Secondを感じやすい。

 

まぁ実際は、小数点第一位までの時間感覚を体感できるとすれば、0.0秒から0.9秒までの間のどこで時計を見るかによるってことだよねきっと。

 

つまり0.5秒経過時点で時計を見れば1秒がとても短く感じるし、逆にジャスト0.0秒で時計を見ることが出来れば、最大限長く1秒を過ごすことが出来る。

 

ヒトは歳を取ればとるほど、時間が短く感じると言われている。

10歳の人生の大きな1年なのか、50年の人生のたった1年なのか、そういったことと同じ。

 

つまり、年が明けてもう既に3月になってしまったけれど、あえて今日が年始と考えることによって、まだまだ1年が長く感じるふしぎ。

 

でもこうやってこんなくだらない記事を書いているうちに、もう日付が変わってしまった。時は有限なり。

 

 

***
comments powered by Disqus