よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

【約半年ぶり】排水口スッキリで排水溝のカビや汚れは落ちるのか実験してみる

 

お風呂の全体的な掃除は定期的にやりつつも、なかなか見たくないモノには蓋をする感覚で忌避しがちなのがピンポイントの排水溝のお掃除。

 

まぁさすがに受け皿に髪の毛とかが詰まるので、それは習慣的に取り除きつつも、やっぱり徹底的にキレイにしようってなるとそれなりにやる気が必要で。

かれこれ梅雨後から数えて大体半年近くは排水口の掃除ってモノをやってない気がするわけだがw

 

というわけで今回は、カビやヌメリをこすらず撃退でお馴染みの強力カビハイター謹製「排水口スッキリ」の粉末クリーナーを試してみる。

いわゆる「まぜるな危険」タイプ

こういったジャンルの商品は数あれど、最近こちらは宣伝でよく見るんだよねぇ。なお今回購入したのは大容量の6袋パッケージ。

f:id:yotsumao:20191207213846j:plain

粉末発泡タイプということで、泡のおかげでこすらず落とせるそうな。そのため、いわゆる混ぜるな危険の塩素系なので、他の洗剤とは混ぜて使ったりしちゃダメ。

 

んでパッケージ側面記載の使用方法の流れ。

f:id:yotsumao:20191207215628j:plain

約コップ1杯の200mlのぬるま湯を用意しておいて、排水口の周辺に粉をファサー。

あとはお湯をゆっくりと注いで、蓋があれば閉める。そして30分ちょい放置したら、あとは水で流すだけっていう。

 

次に裏面。

f:id:yotsumao:20191207220211j:plain

注意書きがもろもろ書かれているので要参照。特に粉末なので目や口に入らないように気を付けることと、換気はきちんとしようね。

 

さてではまず一袋取り出してみる。

f:id:yotsumao:20191207220350j:plain

外箱のわりに、思った以上に小さな袋が登場。これでざっと40gだそうな。

さっそくお掃除スタート

って言いつつ、まぁ粉と水をかけるだけなんだけどねw 一応事前に髪の毛とかは取っておいた。

さて以下から排水口の画像が続いていくわけだけど、念のため閲覧注意。決してキレイな画像じゃないのでw

 

というわけでまずはお掃除前。

f:id:yotsumao:20191207220700j:plain

うん、黒カビや水垢がかなり発生中。ちなみにこれでも若干明るさ修正などしてキレイに見えるようにしてあるw

 

ではここに粉末投下。

f:id:yotsumao:20191207221054j:plain

既に撒いたそばから、排水溝に残っていた水分によってモコモコ泡が出てきた。

しかも意外に使ってみると一袋の粉が多かったので、全て排水口周辺に使い切ってしまうんではなく、その手前など画像外の部分にも撒いてみたよ。

 

んでここで用意しておいたお湯を投下。

f:id:yotsumao:20191207221334j:plain

かなり泡がわいてきたw 楽しい!w なおどうしてもウチの構造上、パイプが邪魔して思ったように水や粉がまけない部分があったのがちょっと残念ポイント。

 

ちなみにお湯は、わりと静かめに注がないと粉が飛び散ったりして危ないし、何より泡自体が流れていっちゃうので加減が必要。なんだったらジョウロみたいなモノを使った方が良いかもしれない。

 

んでんで、約30~40分ほど放置した後にシャワーで流してみると、、、

f:id:yotsumao:20191207222059j:plain

どやーw ってさすがに一発で完璧にピッカピカとは言いづらいけれど、それでも約半年放置の汚れが1回でここまでキレイになれば十分。

まぁ私の場合、前述の通り全ての粉を排水口部分に撒かなかったっていうのもあってw

 

そもそもスプレータイプよりはるかに濃密泡が持続するので、実際お掃除効果はより高いんじゃないかなと。匂いに関してもこの手の商品でよくある塩素臭はそれほど気にならなくて使いやすい。

 

というわけで、全体として満足の使用感。なお、定期的に3週間から1か月ごとに1袋使用するのがいいそうな。

排水溝ってあまりにも汚れてるとまず触る気も起きないと思うんでw そんなときこそ排水口スッキリで楽々お手入れを一度お試しあれ―。

強力カビハイター 排水口スッキリ 120g

強力カビハイター 排水口スッキリ 120g

  • 発売日: 2018/10/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品