【獣医師監修】ネコの腎不全に対する「AIM」について【ざっくり解説】

ネコが他の動物と比べて腎不全にかかりやすいのは皆さんご存知でしょうか?

動物医療の進歩や若い時期での検診の推奨などにより、ネコの寿命がだんだんと伸びてきている一方、死因の多くは昔も今も変わらず腎不全が占めています。

 

しかし、これまでネコが腎不全になりやすいのか理由は謎のままでした。

そんな中、近年の国内での研究により、その原因と考えられるタンパク質が特定されたのです。

f:id:yotsumao:20211228014541j:plain

それが今回お話する“AIM”です。

ここでは、このAIMについてご紹介するとともに、この先変わっていくであろうネコの腎不全の治療法をお話したいと思います。

AIMとは?ネコの腎臓病との関係について

AIMは、Apoptosis Inhibitor of Macrophageの頭文字に由来しており、体内の不要物を取り込んで分解するマクロファージの1種です。

このAIMというタンパク質は、普段は血液中に存在し全身を巡っています。

 

さまざまな原因により急性腎不全が生じると、腎臓内の尿の通り道である尿細管の中に、ダメージを受けて死んでしまった細胞が塊となり詰まってしまいます。

すると、老廃物を含んだ尿が腎臓内に留まり、腎機能が回復しないまま徐々に低下していきます。

 

この際、多くの動物の体内では、血液中に存在するAIMが活性化し、尿細管の中に移動して細胞の死骸と付着することで、尿細管内の詰まりの解消を促します。

尿細管の閉塞が解除されると、腎臓内から尿が流れるようになり、一時的に低下した腎機能が回復し始めるのです。

 

このように、人やマウスでは急性腎不全が生じても、AIMの作用によって速やかに腎機能が回復することが確認されています。

しかしながら、ネコでは十分な量のAIMを血中に蓄えているにも関わらず、急性腎不全が生じた際に尿細管内へ移動せず、細胞の死骸の掃除を促していないことが近年の研究で明らかになりました。

 

このため、ネコは急性腎不全後の腎機能が回復しづらく、腎不全を発症しやすいと考えられます。

 

いま行われているネコの腎不全の治療法は?

中高齢のネコに多く発症するのは、長い時間をかけてゆっくりと腎機能が低下する“慢性腎臓病”です。

では、現在行われているネコの慢性腎臓病の治療法を確認していきましょう。

 

皮下点滴(=皮下補液)

何より重要なのは水分摂取です。

腎機能が低下すると、尿を濃く作ることができなくなり、体内から多量の水分が失われ、脱水してしまいます。

 

脱水によってさらに腎機能が悪化するため、飲水を促さなければなりません。

ただ、ネコはもともとあまり水を飲まない動物なので、もし口から十分に摂取できない場合には、皮下に注射で点滴を入れることがあります。

 

降圧薬、タンパク尿抑制薬

また、腎機能の低下に伴い、全身の血圧が上がったり尿にタンパク質が漏れ出ることがあります。

高血圧やタンパク尿自身もそれぞれ腎臓や尿細管にダメージを与え、腎臓病を進行させてしまいます。

 

したがって、これらが検査で見つかった場合には、血圧を下げる降圧薬やタンパク尿を抑える治療薬も適応となります。

 

カリウム製剤、リン吸着剤

さらに、腎臓は体内のミネラルバランスを調整する役目も担っています。

腎臓病の進行に伴い、このバランスが崩れた場合、全身へさまざまな影響を及ぼします。

そのため、ミネラルを加えたり減らしたりする治療も必要です。

 

しかし、ここまで紹介した治療はいずれも対症療法と呼ばれるものです。

すでに低下した腎機能に対して、さらに悪化しないよう進行を遅らせる治療であり、根本的に慢性腎臓病を治すものではありません。

 

AIM研究が進むとネコの腎不全の治療はどう変わる?

一方、AIMの研究が進むとネコの腎不全の治療が大きく変わることでしょう。

ネコにAIMを投与したり、体内のAIMを活性化させることで、尿細管が閉塞し低下した腎機能を回復させることができると予想されます。

 

すなわち、今までの“進行を遅らせる治療”ではなく、“慢性腎臓病を発症させない治療”が実現するかも知れません。

現在、ネコ用AIM製剤の開発が進行中とのことですが、実現した暁には腎不全で亡くなるネコは減っていくでしょう。

 

つまり、先ほどご紹介した皮下点滴のための通院や、慢性腎臓病の悪化を抑えるお薬、腎臓用療法食を与える必要性も少なくなります。

ひいては、14〜15歳とされるいまのネコの平均寿命がさらに伸びることでしょう。

 

まとめ/獣医師から一言

AIMはすでに人もネコも血液中に確認されている不要物の掃除に関わるタンパク質です。

このAIMが治療に用いられるようになれば、ネコの腎不全の進行を遅らせる従来の治療法とは異なり、そもそも慢性腎臓病に苦しむネコの数を大きく減らすことでしょう。

 

また、人においてもさまざまな病気の治療への応用が検討されており、その実現に大きな期待が寄せられています。

 

ただ、まだAIM製剤は開発段階であり、実際に多くのネコに使われるようになるにはもうしばらく時間がかかります。

適応となる症例の選択や、価格、副作用など、実用化への課題は決して少なくはありません。


この先、臨床試験を経て、新たな情報が発表されることでしょう。いち早くキャッチして皆さんにご紹介できるのを楽しみにしております。

 

ブログ主あとがき

当記事は「tk mori」先生に寄稿いただきました。

 

なお、上記の「AIM」については、東京大学 大学院 医学系研究科 宮崎徹 教授 によって日夜研究が進められており、

まさに今日も腎臓病と闘っている全猫にとって、そしてそれを支える全ての飼い主にとって待望の薬となることが期待されています。

 

※一次情報をいち早くチェックするために、是非ご本人のtwitterアカウントをフォローしておくことをお勧めします。

Toru Miyazaki/宮崎徹 (@Toru51557911) | Twitter

 

この研究は様々な媒体に取り上げられ大きな反響を呼び、現在は寄付も募っています。

腎臓の働きを改善する遺伝子「AIM」でネコの寿命が2倍に!? | 広報誌「淡青」37号より | 東京大学

 

しかし、2020年から続くいわゆるコロナ禍によって、そのタンパク質製剤の開発や治験、実用化が大きく遅れてしまいました。この間にも、病に力及ばず旅立った猫が少なくないことは残念でなりません。

 

例えば人間の歴史においては今日まで、ガンの夢の特効薬に関する多様な研究成果がニュースに挙がり、そしてそのどれもが臨床段階で消えていき、人類はいまだガンを克服できていません。

 

それはいわゆる試験管から動物、そしてヒトへと順に適用していくにあたって、それぞれの境界に高い壁が存在する難しさ、ということでもあります。

それゆえにヒトのガンにおいても、ネコの腎臓病においても、近年の医療現場では予防医学の観点がより重視されてきました。

 

ですからAIMに対しても、過剰な期待をするべきではないのかもしれません。

しかし少なくともネコの腎臓病克服に対する、これまでにない確かな、大きな一歩であることは間違いないでしょう。

 

あのときAIMで救われた、と元気に過ごせる猫が一匹でも多くなる未来を信じて、私は寄付をしました。

猫を飼う当事者として、そして腎臓病で力尽きる何匹もの猫を見送ってきた中で、この小さな希望の成果を待っています。

宮崎 徹 教授による猫の腎臓病治療薬研究へのご寄付について | 東京大学

 

追記・「AIM30」発売決定

2021年12月30日、前述の宮崎徹氏のtwitterアカウントにてドライフードにAIMを活性化させる成分を配合した「AIM30」(マルカン)が、2022年3月1日に販売される予定であることが発表されました。

Toru Miyazaki/宮崎徹 on Twitter: "腎臓病の治療薬は現在も研究開発に尽力している最中ですが、まずはネコ用のドライフード「AIM30」が、3月1日(予定)にマルカンから発売になることをお知らせします!"

 

承認までの道のりが長い医薬品としてではなく、かねてからタンパク質製剤であるという特徴を生かし、フードとして先行して世に出す考えであることが言及されていました。

世間の大きな期待の声に応えるように、今回実にスピーディな対応をしてくださったことに、まずは感謝の念に堪えません。

 

マルカン(サンライズ)といえば、過去にはゴン太くんの「ほねっこ」がヒットしたように、イヌネコに限らず小動物をはじめとして、生き物全般に対する家庭用ペット用品の総合メーカーというイメージでしたが、

近年ではグレインフリー(穀物不使用)のNaturaHa(ナチュラハ)シリーズを販売し、健康志向のフード関連にも力を入れている国内メーカーです。

ペットのフードと用品の総合メーカー 株式会社マルカン

ペットのフードと用品の総合メーカー マルカン|ペットとの生活をもっと豊かに

サンライズ いつまでも変わらぬ美味しさ|ペットのフードと用品の総合メーカー マルカン

 

実際に、後々登場するであろう医薬品と比較してどの程度効果の差があるのか(効果自体が有意であるか)は続報や経過を待ちたいところですが、少なくとも現時点で腎臓病を抱えているネコと飼い主にとって、全く新しい選択肢の一つとなることは言うまでもありません。

 

追記・一般社団法人AIM医学研究所 設立

宮崎徹氏が2022年3月末にて東京大学を離れ、以降は一般社団法人にて活動することを発表されました。

Toru Miyazaki/宮崎徹 on Twitter: "【ご報告】一般社団法人 AIM 医学研究所設立のお知らせ
皆様のご期待に一刻も早く応えるべく、ネコとヒトのためのAIM創薬など、AIM研究をトータルで大きく加速させるため、AIM医学研究所を発足させます。設立のご報告をhttps://t.co/MF311knPhOに掲載致しましたのでご一読いただけますと幸いです。"

 

略称IAM(アイアム)の代表理事・所長として専任し、研究室のメンバーも現状と変わらずに研究に専念なさるそうです。

ネコのみならず、ヒトのためのAIM創薬などを研究を更にスピーディにするための決断だそうです。

 

また既に東大基金に寄付済みのかたにはメールが来たと思いますが、この発表をもって東大基金におけるAIM研究への寄付は受付終了となりました。

 

今後の研究に対する寄附の受付に関しては、後日IAMから詳細が発表されるようです。

一般社団法人AIM医学研究所 |

 

追記・AIM30ブランドサイト予定

株式会社マルカン様より、AIM30の専用ページが公開予定であることが発表されました。

株式会社マルカン on Twitter: "【多くの愛猫が健康を維持し、長生きすることを願う】

 

2022年1月下旬にサイト公開予定。3月の発売予定には変更はありません。

なお、同時に商品パッケージ画像も発表され、AIM活性化成分としてアミノ酸A-30という記載があります。商品名のAIM30は、この成分名からとられていることが推察されます。

 

また「腎臓の健康維持フード」ということで、療法食ではなく普通食であることが明らかになりました。


この点で懸念となってくるのは2点。

療法食ではないという明記があることによって、オークションやフリマサイトの出品禁止カテゴリを現状外れてしまいますので、いわゆる転売をどのように防止するか。

そして、既に療法食フェーズにある猫にとって、適したリンやナトリウム含有量の基準になっている商品かどうか、です。

 

前者に関しては各小売店などの適切な対応が期待されますが、後者に関してはメーカー公式サイトの続報を待つことになります。

 

猫の慢性腎臓病・関連記事

【ネコの腎臓病】療法食、普通食、その他フード成分含有量まとめ

www.yotsumao.org

【獣医師監修】「ネコの腎臓病対策」サプリやフード、健康情報のウソホント

www.yotsumao.org

***
comments powered by Disqus