よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

ディープクリーンの歯磨き粉とデントヘルスの歯ブラシでとことん歯茎を労わる

 

フロスや歯間ブラシまでやる歯磨き習慣を完全にサボっていた結果、久々の歯医者の定期検診でこれ歯肉炎やでーという結果に!w

うん、そりゃどうりで最近歯ぐきから血が出たりうずいたりするわけだw

 

今までソニッケアーとかオーラルBとかの電動歯ブラシに頼ってたんだけど、直ぐにツルっと磨けてしまうだけに、どうも表面的なケアになっていたっぽいんだよねぇ。

というわけで今回は、原点回帰。手磨きで丁寧に正しいブラッシングを身に付けるべく、まずは道具から入ってみることに。

花王のディープクリーン

とりあえず歯茎に良さげな歯磨き粉をゲットしようってことで買ってみたのはこちら。

f:id:yotsumao:20191122144218j:plain

「撰・濃密クリームハミガキ」薬用成分が濃密でとどまって効くそうな。

ハレや出血を伴う歯槽膿漏や歯肉炎を防ぐってことで、2週間お試しくださいって大竹しのぶさんが言うなら間違いないw

 

では有効成分も見ておこう。

f:id:yotsumao:20191122144447j:plain

抗炎症としておなじみのグリチルレチン、血行促進のビタミンE、殺菌剤の塩化セチルピリジニウム、そして定番のフッ素。

 

さらにちょっと変わってるのが、銅クロロフィリンナトリウムの存在。いわゆる葉緑素を銅で安定化させたもの。

口臭予防とか胃薬なんかに入っていたりするけれど、この「撰」では歯肉炎予防として記載されているね。歯ぐきの修復を助けるっていうイメージかな。

 

ちなみに研磨剤は入っていないのでインプラントのかたでも安心だけど、逆にタバコのヤニとかステイン的な着色汚れがひどい人は、これ以外にも定期的に研磨剤入りのものを使おうね。

 

ではでは早速開封。

f:id:yotsumao:20191122145143j:plain

なんとなーく高級感を覚えつつ、かついかにも効きそうに感じるパッケージデザインw

 

ではその濃密クリームを体感してみよう。

f:id:yotsumao:20191122145318j:plain

見た目はわりとポッテリとしたクリーム。

この緑色から連想されるように、その香りは和漢ハーブのイメージ通り。まぁ味としては好みがあると思うけど、ミントとは違うサッパリ感があるので個人的に嫌いじゃない。

 

そして最も特徴的なのは、その質感。うーん、なんていうんだろう例えるならハンドクリーム?食べたことないけどw

ねっとりしつつもサッと口の中で溶けるんだけど、宣伝文句通り「歯ぐきにピタっと密着」してる感じがすごい。

まるで油分的なものでコーティングされているような印象。

 

これが磨き終わって軽くすすいだ後も続くんだからすごい。薬用成分がしっかり浸透してくれることを期待できそうだね。

ディープクリーン撰 濃密クリームハミガキ 100g [医薬部外品]

ディープクリーン撰 濃密クリームハミガキ 100g [医薬部外品]

 
歯ブラシもそろえてみる

ディープクリーンでは歯磨き粉だけでなく、歯ブラシもラインナップされているので、せっかくなのでこちらも試してみたよ。

f:id:yotsumao:20191122150223j:plain

チョイスしたのは、ふつうの硬さでコンパクトヘッド。極細毛で優しくマッサージしてくれるそうな。

 

まぁ最近毛が細い種類はよくあるけど、「歯ぐきのためなら」ってことでディープクリーンのさらなる特徴は、より歯と歯茎の間に深く届く「超ぎっしり」の特許植毛。

f:id:yotsumao:20191122150531j:plain

毛が細いだけだと、ブラッシング圧に負けてあっという間に毛先が開いちゃうこともよくあるけれど、イラストの通りぎっしり植えこまれているのでなかなかコシがありそうだね。

 

では実物を見てみよう。

f:id:yotsumao:20191122150659j:plain

通常のとの違いが見て分かるかな?うーん、写真じゃ伝わりにくいw

まぁ肝心なのは実際の使い心地の方だよねってことで早速シャカシャカとお試し。。

 

うん、確かに細かい毛並み!というかなんだろう、ちょっと普通のブラシとは使い心地が違うな。

毛先が細かくて、しかもそれがたくさん植えられていることによって、歯ぐきに細かーい刺激がくる。

もちろんそれは痛いとかではなくてほどよいマッサージで心地よい。まさに歯ぐきのためにっていう感じ。

 

ちなみに私はわりと歯間があいているほうなのでw 毛先がきちんと狭い部分にも入っていく感があって秀逸。

極細毛の更なるぎっしり感を求めるなら毛束1.5倍の同プレミアムシリーズもおすすめ。

ディープクリーン ハブラシ ぎっしりプレミアムふつう 1本 (色はおまかせ)

ディープクリーン ハブラシ ぎっしりプレミアムふつう 1本 (色はおまかせ)

 

ライオンのデントヘルス

歯ブラシの個人的な好みは、わりと磨いている感が強めなものが好きなんだけど、歯ぐきの状態が悪い時ってなかなかガシガシ磨けなかったりもするわけよ。

 

というわけで、優しく磨くことに特化していそうなデントヘルスの歯ブラシも別途入手。

「今ある歯を1本でも多く守る」ってことで、歯科医共同開発の上、歯槽膿漏対策が銘打たれている。

でもひときわ印象的なのはそのパッケージ。

f:id:yotsumao:20191122151919j:plain

外装が巷の歯ブラシとは違って、そのデザインと共に店頭で結構目を引く。

「弱った歯ぐきをマッサージ」ってことで、こちらはやわらかめの小さめヘッドをチョイス。

 

んで、パッケージの上からでも特徴的なのは、毛並みの細かさや多さに加えて、その歯ブラシの形状。

f:id:yotsumao:20191122152120j:plain

うーん、これも画像じゃ見づらいなw いや、ぜひ実物を見てみてほしいんだよ。

 

一応パッケージから出して別角度も接写。

f:id:yotsumao:20191122152237j:plain

分かるかなこの山切りカット的な。ピンクの部分が歯と歯茎の境目にきっちり入り込みつつ、白い毛が周囲の歯ぐきをマッサージしてくれる印象。

 

というわけでさっそくお試し。。

おおぅ、すげーやわらかいw っていうかそりゃまぁ「やわらかめ」を買ったからなんだけど、それにしたってすごい優しい毛質。

これを浴用グッズに例えるなら、先ほどのディープクリーンがしっかり磨ける「ボディタオル」としたら、こちらはまるで「洗顔ブラシ」のよう。

 

にもかかわらず、極細の毛とその独特のカットによって、細かい部分の歯垢もよく磨ける。ちょっと人によってはクセになる質感なので、ぜひ試してほしいな。

 

歯磨きグッズやケア用品って1つに限らず、自分の好みや歯と歯茎の状態にあわせて、色んなものを用意しておきたいものだよね。

デントヘルスハブラシ ふつう 1本

デントヘルスハブラシ ふつう 1本