よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

【CADワークの基礎知識】CAD利用技術者試験の資格でスキルの幅を広げてみよう

実際CADというのは、今までやたらと耳にしたり、目にしたりしたけれど、で?何なのか説明して?と言われたら答えられなかったんだよね。

 

完全に私の得意分野とは別ジャンルだと思っていたんで、受験することは無いと思っていたわけだけど、WEB検定で受験できることを発見。これは受けるしかない!と。基本情報(FE)までまだ若干時間があったからっていう。

ネット上で受検するタイプ

CAD利用技術者試験。それの基礎試験と言う分野は、WBTで受験可能。申し込みから受験までのタイムラグもほぼ無し。

 

ただし、さすがに未経験なので、付け焼刃なりにも勉強しておかなくちゃということで、しばしテキストを読み込むことに。

 

3日ほどの勉強で、受験開始。WBTの割にはさくさく画面。某FASSよりはだいぶ軽快な動作。内容的には、……すげーつらい。。

CADの最初の一歩

私があまり興味が無いからなのか、未経験分野だからなのか、CADを使う人にとっては当たり前のレベルなんだろうけれど、

自身のお絵かきレベルで答えられるものもあれば、お前は何を言っているんだ?という日本語でおkな設問もあってかなり苦戦。

 

一応合格自体はしたものの、二度と受けたくない試験TOP5次点。

ただし、CAD分野に進みたい人は取っておいて損はないだろうね。私自身、とりあえず何とかCADについて人に説明くらいはできるようになった気がする。

 

ちなみにネット受験ではなくペーパー方式では上位級も実施しているので、オペレータへの登竜門として興味のあるかたはぜひチャレンジしてみてはいかが。

 

◎まとめ

【勉強期間】1週間くらいは

【教材】対策本の内容が少し古い

【受験料】4千円くらい

【合格基準】7割