よつまお

過去ログ倉庫を兼ねたライフログ的な雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

ブログは毎日最低1記事は更新するべき!のセオリーは向き不向きがある

四方山話シリーズ。

 

ブログにおける毎日更新のメリットは数多く目にするし、右も左も分からず始めたばかりの人たちとっては、

きっとそれを目標に頑張ったりするんだと思うけど、鵜呑みにしすぎても損しますよって話。

 

結論から言おう、世の中には毎日更新に向いている人とそうじゃない人がいる。

 

毎日更新するだけのネタがあるの?

私は無い。キッパリ。

 

それはネタ探しの嗅覚が足りないんや!とか日常の気づきが足りないんや!とかそもそもブログに向いてないんや!的なことを言う人がいるけれど、

っていうかブログ更新のためのネタを探すっていう行為自体が、因果崩壊してない?

 

私生活の中で、ブログが完全に主役になってる人ってのは一部を除いて少ないと思う。

むしろ学校やら仕事やら家事やらプライベートがメインとしてあって、そして次にブログ、だと思うわけよ。

 

だからそういった「ブログ以外のこと」を考えているときに、頭にふつふつと浮かんだ取り留めのない思い、あるいはふと閃いた発想、それを熟成させて後日ネタとしてブログ記事とするっていうのが、自然な流れなんじゃないの?

 

もちろん世の中には、その思考の言語化までのプロセスが恐ろしく効率的で速い人がいるけれど、果たしてすべての人が毎日更新できるのだろうか?って考えたらちょっと疑問なわけよ。

まぁ書くということの鍛錬、って意味では必要なことかもしれないけどね。

 

更新を作業化するのが心底イヤ

ブログ更新ってものを、あえて一日のタスク化することによってこそ、継続的にモチベーションを保つことができるって人はまぁいるんだとは思う。

 

けれど、私は嫌。きっぱり。

 

そんな「〇〇しなければならない」っていう作業はリアルだけで十分なわけよ。

せっかくそういったリアルを飛び出して、ネットの世界に身を置いているのに、なんでわざわざ自分で自分を縛らなきゃならないんだろう?って。

 

っというかね、更新したい意味ってなによ?

だいたいそのブログ記事を読んでほしいってことだよね?ってことはブログ自体を続ける必要があるよね?

サクっバズって一花咲かせたいんや!って人を否定はしないけど、大抵は末永く読まれるブログの長寿化を目指してるんじゃないのかなぁ。

 

にもかかわらずそんな毎日更新するべき論って、行き過ぎるとたぶん嫌気がさすと思うし、飽きるのも早いと思うよ。

もちろん毎日更新で無理にならない人はそうしたらいいし、それこそ月1更新だっていいんだっていうスタンスの方が息が長く続くと思うわけ。

 

極論、ブログなんて所詮自己満足の世界。要は、個々に合ったペースでブログは続けていった方がいいよ、って話。