よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

自分がヤフオク出品中の画像がAmazonで無断転載・盗用されている場合の対処法

 

私は昔から、ヤフオク、ラクマ、メルカリ等々で不用品整理がてら、出品者として活動しているんだけどね。

ある日なかなか売れない物があったから、相場チェック的な意味でAmazonさんの中で同じ商品がないか探してみたわけよ。

 

そしたら、タイミングよく同じ商品を発見。。。ってこれ私の画像やん!wwっていうか商品タイトルも全く同じだしww

仮にも天下のAmazonさんの中にこんなもん放置してたら、かえって私の方が盗用してるみたいじゃん!

 

ってことで今回解決に向けて、無断で画像転載されているのでAmazonさんに通報してみたよ。そのやり方と手順をご紹介。

そもそも話。転売や無在庫販売について

何やら世間的には、「転売」って行為自体がまるで違法なことのようなイメージが付いちゃってるんだけど(チケット転売とかね)、

基本的に転売ってのはこの社会におけるほとんどの商行為に絡んでくること(卸売り→小売りなんて好例)なので、ほとんどの場合、それ自体は問題ない。

 

そして、実際に手元に無い商品を販売する、いわゆる「ドロップシッピング(無在庫販売)」。

これも別に実社会やネット上でもよくある話で、少なくともAmazon内では規約で明確に認められているんだよね。(ただし要件はある)

 

ただ今回の場合さ、その出品者のことを調べてみたら、画像の無断転載どころか、これ明らかにAmazonで売れたら、私(その他)のヤフオクから落札して在庫確保する気満々だよね?っていう。

さらに、なんだったらヤフオク出品者(他人)からAmazon購入者へ直送さえしかねない、極めて雑な出品者だったので、問い合わせに至った流れ。

非常に疑わしい出品者のことを調べてみる

まずは「パクられ元の」私のヤフオク商品ページはこんな感じ。

f:id:yotsumao:20190523192224p:plain

まー、画像等々はモザイク入れてるけども、だいたい数千円の送料込みで出品してるわけよ。

 

そしてAmazonで見つけた「パクリ先の」商品ページがこちら。

f:id:yotsumao:20190523193209p:plain
これもモザイク入りだけどさ、掲載画像全部が、私のヤフオク商品ページからの転載なのよww

しかも商品名まで私のヤフオクページのタイトルそのまんまっていう、まさに丸パクリww これを見つけたときは衝撃だったよ、うん。

ちなみに価格が3万越えとか、一体いくら利益取るつもりなんですかねぇ。。(ちなみにこの商品は今はもう売っていない物とはいえ、そんな価値は全くない。まさしく相場破壊行為)

 

ってことでまずこの出品者の特定商取引法の表示部分を見てみる。

f:id:yotsumao:20190523212510p:plain
一応中華垢ではないっぽい。大阪の業者。(←大阪ってことをよく覚えておいてね!)

といっても屋号が付いているだけで、問い合わせ先が「携帯電話番号」なので、個人だろうね。

どうせ巷の「間違った(適当かつ低品質な)」情報商材に載ってるやり方そのままに、電脳せどりとかネット転売などの小遣い稼ぎの副業に手を出した感じか。

 

評価としては過去12ヶ月で良いが87%だけども、過去の普通や悪いの評価内容を見てみると、購入後に在庫が無いと言われたとか、商品画像と実際の品物が違ったとか言われていて、ヤフオクからの無在庫転売説が濃厚。

(っていうか手元に無い他人の出品物なんだから、そりゃ問題起きることもあるだろうねっていうw)

続いて、疑わしい出品者の出品物を見てみる

ってことで、これは被害は私だけじゃないだろうなってことで、私の出品物と似たキーワードで、この出品者が販売しているものを見てみたわけよ。

 

そしたら出るわ出るわww まずこちら。

f:id:yotsumao:20190523194124p:plain

これ、下段は私の商品のパクリなんだけど。上段は画像に「送料無料」って書かれてるよね?でもすぐ右には配送料340円って。超絶矛盾。

それもそのはず。これもヤフオク内でタイトルを検索すればそのまま本来の出品者が「送料無料で出している」ものがヒット。(宮崎在住の個人のかた)

画像の転載するくらいなら、せめて元画像を少しくらい加工しろよとww

 

はい、お次は。

f:id:yotsumao:20190523194649p:plain

これは画像の一部を隠しちゃったせいで伝わりにくいんだけれど、なんと画像下部に「ヤフオクのID」が記載されている。そしてこれもタイトルで検索すると別のヤフオク出品ページがヒット。(栃木在住の個人のかた)

もうね、他人のIDが載ってる画像を転載するとか、手抜きどころか常識ってもんがないのかとww

 

さらにさらに。

f:id:yotsumao:20190523194922p:plain

もろに「ヤフオク」って文字が画像に載っちゃってるじゃんww ここAmazonなんですがww

そして多分に漏れず、こちらもヤフオク内で該当商品がヒット。(山形在住の個人のかた)

もう雑すぎんだろ。。さすがに日本人かどうかすらも怪しくなってきた。

 

これらはヤフオクからの転載のほーんの一部。ちなみにこれら上記のどれもが、ヤフオク出品価格より数倍以上高い値段で販売されていたよ。

うーん、もし仮に画像だけは転載で、商品はちゃんと手元にあるんだとしたら、なぜそんなに売れる見込みが無さそうな値段で出すんですかねぇ(棒

 

しかしまぁ大阪の業者なのに、宮崎・栃木・山形etc…と随分各地に倉庫あるんですなぁ(棒

っていうかもしかして委託販売してるのかな?w だとしても私の出品物は頼んでもいねーし、画像転載を許可してもいないけどなw

 

私以外のヤフオク出品者のかたは、こういった転載防止を兼ねて画像に文字まで入れてるのに、それをまったく無視して盗用とかさすがに悪質すぎだろ、、

というわけでAmazonさんに報告してみよう

まず結論から言ってしまうと、「セラーセントラル」っていうAmazon出品者向けのページから問い合わせする必要がある。

私の場合は、大昔に作ったまま放置していたセラー垢があったけれど、大抵の人の場合は出品者アカウントなんて持っていないと思う。

 

ってことでそういうかたは初めに、さくっとセラーアカウントを作成するか、あるいはダメ元で一般ページのカスタマーサービスに連絡してみよう。

(おそらく後述の私同様、セラーセントラルからの問い合わせを促されると思うが。もしかするとアカウント未所持者には別の案内があるかもしれない。)

 

一般向けの問い合わせ場所は、

ヘルプ→問題が解決しない場合は→カスタマーサービスに連絡

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us/ref=hp_gt_nmhcu

このページ内の問い合わせの種類→その他、問い合わせ内容→商品について、をそれぞれ選び、電話やEメールなど希望の手段で問い合わせする。

 

ちなみに私は今回、すっかりセラーアカウントの存在を忘れていて、上記のカスタマーサービスに事の詳細を記載して問い合わせしたわけよ。

そしたら翌日、返信メール到着。

f:id:yotsumao:20190523200142p:plain

まぁ要は、セラーセントラルから違反報告してちょ?って内容。ただ手順が詳しく載っていて、そして冒頭には「屋号付きの」私の名前が載っていて、「あ、私セラーアカウント持ってたやん!」って気づいた流れ。

ドロップシッピングポリシー

今回のようなケースで考えうる規約違反は、テクニカルサポートさんからのメール内記載のURLによると、2種類。

まずはドロップシッピングポリシー

https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/G201808410

要は無在庫転売についての規約なんだけど、ここから要件を引用しよう。

・商品の記録上の販売者であること。
・商品に同梱または付随する納品書などのすべての情報に、自身を商品の販売者として明記すること。
・購入者からの商品の返品受付・実施の責任を負うこと。
・Amazonの定める出品者規約およびポリシーのすべての条項を遵守すること。

まぁこの辺はさらっとその通りの話だからいいんだけど。

ただ、明確に禁止事項として記載されているのは、

・別のオンライン小売業者から商品を購入し、その小売業者から購入者に直接出荷すること。
・納品書や請求書などに自身以外の販売者名や連絡先情報を記載して、注文商品を出荷すること。

この部分が今回の出品者の場合は、違反している可能性がかなり濃厚。

例えば、実際にヤフオク出品者からAmazon購入者に直送させる、とか乱暴なことしてるんだったら、完全アウト。

商品画像の要件

さて、次に画像転載に関わる規約の部分。

https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/G1881

ここからも今回の例に関係しそうな部分を引用してみる。

・画像は商品を正確に表し、販売対象の商品のみを表示しているものにしてください。

・メイン画像の背景は純粋な白を使用してください。純粋な白とは、RGBカラー値が(255, 255, 255)で、Amazonの商品検索画面や商品詳細ページによく調和します。

・メイン画像は、実際の商品のプロフェッショナルな写真でなければなりません(グラフィック、イラスト、モックアップ、代替品は許可されていません)。また、商品に同梱されないアクセサリー類、購入者に誤解を与えるようなコーディネート品、商品の一部ではない文字/ロゴ/透かし/挿入画像は使用できません。

 今回の出品者の場合は、「たとえ商品を実際に持っていたとしても」かつ「ヤフオクからの直送なんて乱暴なことしなかったとしても」、上記の規約部分に当たるので完全にアウト。

 

っていうか私のヤフオク掲載画像は、白背景じゃなくて家庭内の模様入りテーブル内で撮ってるし、商品以外にもブラシとか鏡とか余計なもん映ってるしww (ただし、それはそれでヤフオクに載せてるのどうなのかという問題がw)

さらに、私以外のパクリ画像にはモロに商品とは関係ない文字が画像に入ってるわけよ。つまり上記引用の中の以下文言に該当。

商品の一部ではない文字/ロゴ/透かし/挿入画像は使用できません。

 

ってことで、セラーセントラルから違反申告けってーい。

実際に規約違反申告してみる

まぁ手順としては、先のテクニカルサポートさんの回答メールに従っただけなんだけれど、ここにそれを引用。

まず、場所はこちら。規約違反報告フォーム

https://sellercentral-japan.amazon.com/cu/contact-us?ref_=id_contactus_shel_home

 

この中で、

・「規約違反」と入力し「サポートを受ける」ボタンをクリック
・「ガイドライン、規約違反」→「ガイドラインおよび規約違反の報告」→「ガイドラインおよび規約違反の報告」

 をぽちぽち選択していく。

 

するとフォームが出現するので、あとは思いの丈をありったけ書きなぐるだけ!w

とはいえ、当然異議を申し立てるにはそれなりにこちらも根拠を示さないといけないわけで、今回のメールから引用すれば、

・該当の商品が出品者様の商品である
・ドロップシッピングポリシーに違反している
・「該当の出品者が上記のポリシーに反して無在庫販売を行っている」ことを客観的に確認できる資料

これらが必要。

 

この第1項については、自分が所有者ならいくらでも証拠は出せると思う。

例えばこの問い合わせフォームには添付ファイルをつけることができるので、そこに自分が元々撮影した無加工の画像を添付してみたりとかね。

 

私の場合は、ヤフオク出品中ページに、商品を別角度から撮った新たな写真を(さらに今回のメールに記載されていた問い合わせ番号を画像内に入れてみた)追加してURLを提示したので、「私の物である」って証明が出来ると思うの。

 

対して、該当のAmazon出品者は限られた枚数しか画像がないから、証拠なんて提出できないはず。(なぜなら私の手元に商品があるわけだしw しかも付属品の劣化具合も結構特殊でねw)

 

続いて第二項と第三項。ドロップシッピング違反。ここは客観的な証明が難しいかもしれない。要はヤフオクから直送してるやろ!って証拠をあげなきゃいけないわけで。。

ただ当該の出品者の場合は、ほぼ全て(っていうか数えきれないほど)の出品物において、ヤフオクから画像&タイトルを丸パクリしていたので、

その部分の各URLを提示しながら言及しつつ、違反の疑いがあるよって表現をしておいた。

 

んでんで、様々な根拠と共に長々と記載して送信ボタンをぽちっとな。

今回のまとめ

ちなみにこの報告をしても、経過がどうとか結果がどうなったっていう連絡や返信等々は一切ない。まぁ個人情報にも関わってくることだからね。

ってことでしばらくしてから、もし該当のパクリ商品ページだったり、出品者自体が消えていたら、あっ(察し)ってなるしか判別方法がないw

 

まぁぶっちゃけさあ、別にこんなもんは氷山の一角で、私が知らないところで画像なんてパクられてるんだろうし、タイトルや商品説明の文字だって転載されてるんだろうなーって思うわけよ。

(っていうか、ネットそのものがパクりパクられと背中合わせの世界だからね)

 

んで、それをその都度申告したところで、焼け石に水っていうかいたちごっこっていうかね。。

だから出来るだけ転載されないような防御手段を取る必要があるわけだけど、先述の例で言えば「ヤフオクID入り画像」であっても効果なしなのはさすがにびっくりしたねw(この出品者だけの話かもしれないけど)

 

っていうかね、認められてるんだし要件の範囲で無在庫転売は問題無いよ、価格設定も個人の自由だし、利益もぜんぜん好き勝手に暴利取ってくれよ。そんなことはどうだっていいんだ。

ただ今回の場合、せめて画像とタイトルの丸パクリはやめろよっていうだけの話。っていうかそれを適宜修正するぐらいの手間はかけろよと。

 

冒頭の方でも言ったけれど、一般的にはAmazonっていう市場の方が信用性デカいんだからさ、

ヤフオク出品している私たちのような弱小個人の方が、まるで画像盗用しているかのような印象を生みかねないってのは、さすがにどうかと思うわけよ。