よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

【合格体験記】ル・コルビュジエ検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】

 

ル・コルビュジエ。たぶん芸術や建築に一切興味のない人にとっては、この名前を聞いてもぶっちゃけ誰やねん?という印象だと思う。

 

まー名前の発音自体が日本人にはなじみが無いので、上野の国立西洋美術館の設計を原案出した人だよって紹介すると、あーアレねという反応が返ってくるレベルでなぜか微妙にマイナー感。

 

この検定はその名の通り、そんな偉大な建築家ル・コルビュジエに関する知識を試すことが出来るモノ。

うん、前回のセブンスイーツアンバサダーと違って、きちんとクイズがあるんだ!これなら多少資格マニアっぽいw

検定はどこで受けられるの?

情報誌で有名なカーサ・ブルータスのサイト上で受けられる無料検定。

 

問題数は全10問の3択。もちろんよくあるネット検定同様、何度も再チャレンジが可能。

ただし合格のためには全問正解が必須なので、たぶんほとんどの人は1回で突破することは難しいレベル。

 

てか数問を除いて、あの問題を初見でサクっと答えられる人ってのは、余程マニアックな人なんだろうなっていうw

いや、逆にル・コルビュジエ好きにとっては常識問題なんだろうか?

んで、実際に全10問正解すると?

ル・コルビュジエ検定マスターの称号を頂ける。ル・コルビュジエもびっくりだそうな。

 

全問正解後の実際の画面はこんな感じ。

f:id:yotsumao:20190412205920p:plain

うーん、別に何か「認定証」的なモノが表示されるわけでもないっていう。。

 

むしろパーフェクトの後に、もう一回トライのボタンはいらないんじゃないかなぁ、、

そこにもうひと手間、例えばWeb認定証表示ボタンなんかがあると資格マニアは嬉しいんだよ?w

 

まぁこの検定で何かが得られるってわけでもないんだけど、完全にカーサブルータスの特集号の宣伝のための広告資格だよね。

 

ただ、なんとなーく少し詳しくなった後だと、国立西洋美術館の建物を改めて見に行ってみたい気分になってみたり、、?

人によっては距離感的になかなか行くことは限られるだろうけどねぇ。クイズで得た知識を忘れる前に機会があればぜひ。

 

取得日は2019年3月22日。

◎まとめ
【勉強期間】思い立ったらすぐに
【教材】ぐぐれ
【受験料】無料
【合格基準】全10問正答