よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

【PR】毎日の暮らしの中に小さな工夫を~主婦の言い分~【ブログ紹介】

 

【ブログ記事紹介】「主婦のいいBUN」とおの ころも様より

 

60代主婦の目線で見る暮らしの日記。日常の気づきを綴っていらっしゃいます。

みなさんのマインドにそっと響く言葉が、こちらのブログの中にはあるはずです。

fanblogs.jp

f:id:yotsumao:20190227205205j:plain

あなたは何の心配もなく、眠れていますか?

例えば、病気になったとしたらどうでしょうか。

それも"ガン"という病気だったなら……

 

今や二人に一人が、ガンにかかる時代です。
自分に降りかかったとしても、おかしくないですよね?

 

まさかわたしに限って……

 

なんて思っていませんか? 実は、わたしがそうでしたから。

 

『わたしに限って』は、身勝手な言葉かもしれませんよ。

 

『わたしに限って……そんな病気はありえない』
『わたしに限って……不幸はありえない』
『わたしに限って……災害にみまわれない』 etc……

 

自分がガンだと知ったとき、まさかわたしに限って、と泣き崩れました。

"不安"の総攻撃を受けたものでした。

体調のチョットした変化もすべてガンに結び付けてしまうのです。

 

そこから、15年経ちました。

 

最初は、51才のとき盲腸癌。次には、61才のとき結腸癌。

 

現在65才。主婦の日常を送っています。

日常はドラマではありませんから、

朝から晩まで、同じことばかり考えているわけにはいかないのです。

 

世の中に腹を立てたり、家族の食事作りに頭を悩ませたり、

お金が足りないとか、くだらないお笑い番組を見て笑ってみたり、

旨いモン食いて~と思ったり。そんなこんなして、暮らすんですね。

 

"ガン"ばっかり24時間考えているのは、逆に苦痛なものですよ。

ネクラになっちまう!!

 

ただしモチロン、、

 

『ガンの部屋』は、あります。

その部屋は、心の中の「My Room」です。

 

秘密の鍵があるのです。

誰にも見せたくないし、知ってほしくもないのです。

 

そこを開けると自分にしか見えないドラマが広がるのですよ。

他人にドラマなど作ってもらいたくはありません。

むしろそっとしておいて……ほしいの。

 

『わたしに限って……』は!

 

よろしければ、その他の記事はぜひ下記リンクからご覧ください。

主婦のいいBUN