よつまお

過去ログ倉庫を兼ねた雑記ブログ。記事ジャンルにこだわることなく、不定期更新でゆるゆる運営しています。

ロキソニンはあまり飲まない方がかえって体調が良くなることもある説

 

四方山話シリーズ。

 

一日最低一回以上、毎日欠かさず長期にわたってロキソニンを愛用(依存w)していたのだけれど、どうも最近「ある悩み」が増えたので断薬をした結果、無事に改善したわけ。

ってことで、実はアナタが抱えてる体調不良は、逆にロキソニンのせいかもしれませんよ?って話。

 

そもそもロキソニンとは?

最初にことわっておくと、ロキソニンは実に偉大な薬であり、私は大好きだ。

人類における抗炎症&鎮痛の歴史において、これほど劇的な効果を持つ薬は数少ない。

 

スイッチOTCとなったことで今では巷のドラッグストアで簡単に購入できるようになったし、愛用者も多い薬だと思う。

 

とはいえ一方で非ステロイド性の消炎剤(NSAIDs)の中では、ロキソニンはプロドラッグとはいわれるものの、胃への副作用が比較的多めなのは良く知られた話だ。

 

そのため、一部では胃粘膜を保護するレバミピド(ムコスタ)やテプレノン(セルベックス)の処方だけではなく、

胃酸そのものを抑えるガスター等のH2ブロッカーやPPIいわゆるプロトンポンプ阻害薬の併用も検討したほうがいいのではないか?という議論があるほどだ。

 

止まらない胸やけと頭痛

最初に気づきは胸やけ。でもこれはずっと逆流性食道炎のせいだろうなぁ、と思っていたわけだよ。

ただいつの頃からか、ガスターを飲んでもあまり効き目が無いというか、胸やけは思ったほど改善しないどころか酷くなっていった。

 

まぁそりゃそうだろうね、っていう。

ロキソニンの長期連用で常に「相対的」に胃酸の方が多い状態だったんだろうから。

 

んで、さらにはロキソニンを飲まないとなんだか頭痛がする「感覚」

そもそも肩こりや片頭痛を緊急回避したいがためにロキソニンを飲んでいたのに、逆に飲まないときに限って頭痛を感じるようになるというジレンマ。

 

そう、要は薬物乱用頭痛の疑いってやつだ。

ってことでロキソニンの断薬開始。まずは胸やけに関しては比較的すぐにおさまった。

 

そして頭痛の方はというと、最初は結構慣れるまでに時間がかかって、どうしても痛い時には別の効果の弱い鎮痛薬(イブプロフェンとかアセトアミノフェン)を使うことで乗り切った。

 

結果として、現在。基本的にロキソニンはおろか、その他の鎮痛剤なく過ごせている。

とはいえまぁお医者さんに処方されて飲むように言われている人は、きちんと飲まなきゃ駄目よ。勝手な自己判断で断薬はNG。

 

何か体調がおかしいな、もしかして薬が合わない?って思うときには、そもそもまずはお医者さんへ相談行こうね。