よつまお

雑記と過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

【経過画像あり/グロ注意】耳の裏の粉瘤がぶり返した件【アテローム/アテローマ】

 

2017年夏、突如として出現した耳の後ろの粉瘤(粉りゅう/ふんりゅう)、そして破裂、自壊を経て、しばしの平穏を取り戻したのだが。。

 

2017年12月19日、以前の粉瘤痕の上部に再び出現。鈍痛。

f:id:yotsumao:20171223230603j:plain

まるで鉄アレイ的なダンベル型に見える。

f:id:yotsumao:20171223230638j:plain

下部が前回の粉瘤痕、そしてその上部が今回腫れてきた部分。それらをつなぐように腫れがまるで橋が架かったようになっている。

 

この日から、手持ちのゲンタシン外用薬と、抗生物質のクラビット、抗炎症のためロキソニンを投下開始。

12月20日。腫れが進行。

f:id:yotsumao:20171223230903j:plain

12月21日。腫れが下部にまで浸食。

f:id:yotsumao:20171223230957j:plain

中心部分に毛穴のような開口部が出現。

 

そしてここから、グロ注意

心の準備はいいかな??

 

12月21日、深夜。ふと耳の後ろを触ってみると、冷たい感触があり撮影すると、、

f:id:yotsumao:20171223231120j:plain

開口部から、内容物が噴出。いわゆる自壊。

 

12月22日、早朝。内容物がほぼ出終わったのか、組織液の混じった出血。

f:id:yotsumao:20171223231321j:plain

 

12月22日、深夜。だいぶ腫れがおさまった感じ。下部、上部の境界の「橋」部分も見えてきた。少量の出血は継続。

f:id:yotsumao:20171223231455j:plain

 

12月23日、早朝。ほとんど腫れは沈静化。内容物の流出もわずかでほぼ停止。

f:id:yotsumao:20171223231651j:plain

 

というわけで、ほぼ5日間で、表面上は治った。早期の対処法が良かったのか、あるいは。

 

でもあくまでもこれはいわゆる薬で散らした状態。完治するには手術をして内側の袋を取り除く必要がある。

そうしないと、今回のようにまたいつかぶり返してくる可能性があるってこと。

 

いやー、まだまだ戦いは続くなぁ。

私の場合は常備薬で対処したけれど、早めの受診、治療をおすすめするよ。

 

簡単な手術で済むけれど、これと付き合っていくのもまた一興!?

それではよい粉瘤ライフを!w